トゥズ湖(塩湖)
アンカラからカッパドキアに向かう途中にあるトゥズ湖は、広大な塩の湖。
一面を覆いつくす塩の結晶のために湖の水も真っ白に見える。
紀元前1500年ごろまではカッパドキア周辺が内海だったためらしい
長い年月で水分が蒸発して塩分が非常に濃くなったのだ。
トルコの国でかなりの部分をここの塩で賄うらしい

歩いても歩いても一面ー塩である

食べてみたら本当にしょっぱかった。

ツアーで唯一の新婚さん

見える地面は全部塩・塩
inserted by FC2 system