偕楽園               2004・03・06
帰盛しようとして、駅でみたポスターに
誘われて、数時間の旅をしてきました。
この3月31日までは偕楽園駅に臨時停車し
上野から特急で約1時間でした。

3大庭園の一つ偕楽園を一度は
訪ねてみたいと思っていましたので
それがかなえられました。

今日は土曜日、そしてとても暖かく大勢の人で賑わい 好文亭への入場は(入場料190円)
列を作り、中はのろのろ歩きでした。


好文亭門


孟宗竹林はなかなかの風情


吐玉泉(泉がこんこんと湧いています)
当時、茶を楽しむ時この水を
使ったと言われています。


あずまや

 偕楽園は、梅の公園として知られ、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園のひとつです。水戸藩第9代藩主(徳川斉昭公)が、領内の衆ととも(偕)に楽しむため1842年に造園したもので、約13haの広い敷地に約3000本・ 100種類の梅があるそうです。

        つたない写真ですが、スライドショーでごらん下さい


いずみちゃんの写真
水戸で梅見をして帰ったら盛岡はこのとおりの積雪
2004年の3月は気候不順 (3.6)

inserted by FC2 system