2003・11.12 南昌荘庭園
晩秋11月12日  清水町 南昌荘において 和音=かずね=の調べを楽しむ会が催されました。 (船の会主催)

100人ほどの観客が紅葉を楽しみながら歴史的な和装建築の中で和楽器の演奏を楽しみました。

「夕焼け小焼け」「手のひらを太陽に」など馴染みの曲を弾いていただき、一緒にくちずさみなふがら和やかなひとときを過ごしました。


演奏=柴田、猪久保両講師  生田流・宮城社
和音(かずね)ってご存知

2002年から学校音楽の指導に、和楽器の使用が義務付けられました。
そのため、中学、高校にて教材として使われています。

岩手の巧みの技が小型筝「和音」を作り上げました。
初心者でも糸の調整や取替えが容易にでき、演奏が従来の筝(琴)に近く、小型で持ち運びやすく活気的なものといわれています。

「和音」は2002年グッドデザイン賞ほか数々、受賞されているようです


船の会・会長挨拶

岩手木工センター事務局長
岩淵さんの講演

試行錯誤の上、やっと小型筝
「和音」をつくりあげました・・・・・


床の間に飾られたこの日の
生け花


南昌荘って?

盛岡市保護庭園です

盛岡出身の実業家瀬川安五郎が明治18年頃に邸として建てたものです。
盛岡の数少ない明治の邸宅。名園として今日に継承されております。
120年前の建物です

盛岡市清水町13−48
http://www.iwate.coop/riyo
u/nanshousou02.html


南昌荘の中から庭を撮りました

この日のために特別に
飾っていただきました

南昌荘=写真パンフより


この部屋にて演奏会を催しました
(写真=パンフより)


南昌荘入り口の石桶の中に落ち葉が・・
そして紅葉が水に映っています


私も記念撮影
魔女トップ
inserted by FC2 system