Karen展示会

布地、テーブルクロスなどを素材に、表面を織物式加工して、格子状に仕上げた作品展
ギャラリー La Vie contemplating colour=瞑想
          May19th〜24th、2003

右側ブルーが私のお買い上げ作品
2枚目として上段左側様の作品をオーダー中

大きな作品

.
Karen Anne Bagayawa

カナダ クイーンズ大学芸術学部卒
’98に来盛し、日本の文化に触れて
その色や素材感に感動した。
着物や茶碗だけでなく、かわら屋根な
ど偶然、めにする色彩に興味を覚え
製作した。西欧の色彩は強烈だが
日本の色彩はニュートラルという。
Opening Party
   May,19th 6; 30〜

右も作品の一部
.--
英会話の仲間たちと

カレン手作りのカナッペ、
サンドイッチはGood taste!
「カレンが作ったわけない
よね」とつぶやいていたら、
隣にいたカレンに「総子、
聞こえたよ」と言われちゃった。
まだまだ若いカレンはこれからも学校に入って芸術を勉強するそうです。
シャイだけど前向きなカレン、私は見習うところ大です。 
広島美術館にも作品を展示する由。今後の活躍を祈り、応援してますよ。
カレンたちは’03年7月カナダに帰国予定。
inserted by FC2 system